看護師の転職理由でスキルアップはOK?給与アップ狙える?

もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。
ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、ということは、看護師という仕事柄あり得ません。
なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。
看護師の中には、向学心から転職を希望する場合があります。
救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、チャレンジ精神からきた動機です。
ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。
誰しも転職に不安はあるもの。
自分がなぜ転職をしようと思ったのか、その動機を分析してみることも大切です。
課長職の年収とはいえ企業によって違うように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。
他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、例えば、公立病院の場合、約750万円と言われているようです。
ナースの職場といえばホスピタルというイメージがだれもが思うことでしょう。
もし看護師転職に自信がないなら自分がなぜ転職をしようと思ったのか、その動機を分析してみることも大切です。
また、ナースの資格を活かせる職場は、病院以外にもそれはあることです。
保健所で保健師と連絡をとりあって地域住民の健康上の様々なケアをするのもナースの役割です。
また、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、だいたいの医療行為を看護師が行います。

看護師の転職理由が給料アップでもOK?【現在の年収にお悩みの方必見!】