キャッシングとカードローンではどんなところが違うの?

キャッシングというのは、カードローンと同じ内容だと思ってしまいそうですが、返済の方法が違うのです。
一括で返済をするという目的でクレジットカードで現金を引き出すのがキャッシングで、分割払いが希望だという時はカードローンといいます。
カードローンは毎月の返済は簡単ですが、利息がかかってきますし、どちらにしても延滞の際には注意が必要といえます。
大学の書籍代ってすごく高額ですよね。
うちは学費を払うのでギリギリでしたし、週末だけのバイトではお金が足りず、当時もう一般的になっていた貸金業者でキャッシングしようとしたのですが、正直言ってどこに借りに行ったら良いかわかるわけもなく、キャッシング経験のある友人に聞いたらクレカの家族カードだと言われ、それでは自分には無理だと思い、結局、借りることはなかったです。
考えてもみてください。
返す気持ちはあるけど、見込みは全然ないのです。
普通は借りれませんよね。
いまさらですが、あのときは知りもせず、無謀なことを考えたものだなと思います。
当時は本当に何もわからなかったんですね。
基本的にキャッシングを利用すれば返済日までに、借入れした金額と合わせて利息分をお金を返さなければなりません。
例え一度でも返済できなかった場合には、金融機関から残りのお金を一括で返済するように要求される場合も珍しくありません。
なので、どうしてもお金を準備できない時や返済が難しい時には、前もって借りた業者に連絡するようにしましょう。
きちんと連絡しておけば、急に督促が来たり請求を迫られることもなく、今後、どのように返済していけば良いのか?といった具体的な計画まで相談することも可能だからです。
キャッシングのための審査では、主に書類確認、在籍確認、属性審査、信用情報などありとあらゆる面から調査を行います。
これらの情報を元にして、申請者が借入れした場合に、きちんと返済できるかどうかを見定めます。
万が一、申請内容に虚偽の内容が発覚した場合、信用問題に引っかかるだけでなく審査の時点で落とされてしまうでしょう。
既に多額な借金を抱えていたり、過去に大事故を起した経歴のある方は、キャッシングの審査には通らない可能性が非常に高いです。

カードローン審査甘い母子家庭