住宅ローン買い時と消費増税について

2014年4月に消費税が8%に増税され、2015年10月に10%に増税されようとしています。
それに伴い、政府は住宅購入者の負担軽減と称して住宅ローン減税や住宅ローン利用者向けに「すまい給付金」という制度で救済を図っています。
では、住宅を購入するには増税前に購入するのが得か増税後に購入するのが得かを考えてみましょう。
3,000万円の住宅を購入する際、消費税5%で150万円、8%で240万円、10%で300万円になります。
これに対して減税対策は、すまい給付金は消費税8%で最大30万円、10%で50万円を予定しています。
住宅ローン減税は年末のローン残高に1%を所得税や住民税から控除してくれる制度ですが、1000万円につき10万円の控除となる計算です。
どちらが得かは年収にもよるので、ご自身で計算してみて下さい。
住宅ローン消費税増税金利